PLUS ONE HABIT

リハビリ業界の情報を中心に、取るに足らない日常の「雑」を紹介していくブログ

リハビリ評価

「FIM」の世界一わかりやすいフローチャート その⑩ 認知項目 ~記憶編~

FIMのフローチャート記事はこれで最終回となります。 最期は認知項目の中の「記憶」の項目についてです。

「FIM」の世界一分かりやすいフローチャート その⑨ 認知項目 ~社会的交流編~

FIMの認知項目における「社会的交流」の項目です。 社会的交流とは、適切に他者と関わり合うことと、適切に集団へ参加することを指します。

「FIM」の世界一わかりやすいフローチャート その⑧ 認知項目 ~問題解決編~

FIMの認知項目における「問題解決」の項目です。 「問題解決」とは、ADLや社会的・個人的な事柄・課題に関する問題を解決することを言います。 「理解・表出」と同様に、社会的な事柄などを主に対象とした「簡単な課題」と、日常的な事柄や生理的欲求を主に…

「FIM」の世界一わかりやすいフローチャート その⑦ 認知項目 ~理解・表出編~

FIMの認知項目は「理解」「表出」「社会的交流」「問題解決」「記憶」の5項目があります。 その中で、まず「理解」「表出」についてです。 この2つは似ている点も多いためセットで憶えると良いでしょう。 また、認知項目は運動項目とは採点方法が少し異なり…

「FIM」の世界一わかりやすいフローチャート その⑥~排泄コントロール編~

FIMを使用する際の大前提として、介護の量つまり「介助者の負担度合い」を考えるという点があります。 「排泄コントロール」の項目では、この考え方が特に重要となります。

「FIM」の世界一わかりやすいフローチャート その⑤~セルフケア(更衣)編~

FIMのフローチャートも今回の項目で、「排泄コントロール」以外のセルフケア項目は終了となります。 「排泄コントロール」は少し考え方が難しいため、次回じっくり解説していきます。 今回の第⑤回では、上半身および下半身の「更衣」動作についてです。

「FIM」の世界一わかりやすいフローチャート その④~セルフケア(清拭・トイレ動作)編~

日常生活動作(ADL)の評価方法として「FIM」を分かりやすく理解するため、 できるだけ簡単なフローチャートを作成しています。 第4弾はセルフケアの「清拭・トイレ」の項目についてです。

「FIM」の世界一わかりやすいフローチャート その③~セルフケア(食事・整容)編~

FIMのフローチャート第3弾、今回はセルフケアの項目の中で「食事・整容」に関する部分です。

「FIM」の世界一わかりやすいフローチャート その②~運動項目(移乗)編~

日常生活動作(ADL)の評価方法である『FIM(フィム)』 ADLの評価方法には、他にも『BI=Barthel Index(バーセルインデックス)』が有名です。

「FIM」の世界一わかりやすいフローチャート その①~運動項目(移動)編~

リハビリテーション業界では、食事をしたり、お風呂に入ったり、トイレに行ったりという日常生活動作のことを 『ADL=Activity of Daily Living(アクティビティオブデイリーリビング)』 と言います。 そして握力計を使って筋力を測定するのと同様に、ADLが…

「ブルンストロームステージ」と「上田式12段階片麻痺機能検査」の変換早見表

「ブルンストロームステージ」とややこしくてとっつきにくい「上田式12段階片麻痺機能検査」の変換早見表です。 ご自分が勤務なされている病院・施設の評価方法に合わせてご活用下さい。

上田式12段階片麻痺機能検査をもっと簡単に!【パッと見でわかるフローチャート第②弾~手指編~】

上田式12段階片麻痺機能検査をもっと簡単に使いたい人はご覧ください! グレード判定を一瞬で出すためのフローチャートを作成しました。 上肢・下肢については別の記事で書いています。 今回は手指についてです!

上田式12段階片麻痺機能検査をもっと簡単に!【パッと見でわかるフローチャートつくりました~上肢・下肢編~】

上田式12段階片麻痺機能検査をもっと簡単に使いたい! という方は是非ご覧ください。 パッと見でグレードが分かる評価フローチャートを作成しました。

無気肺の種類について

『無気肺』とは、何らかの原因によって、肺胞組織の一部または肺組織全体が虚脱(風船がしぼんで潰れるイメージ)し、肺胞の中の空気が減少することで、有効な換気・酸素化に関与できなくなる病態のことを指します。 英語で「atelectasis(アテレクテーシスある…

リハビリで使える「痛み」の聞き方・伝え方

臨床セラピストをやっていて、患者さんの主訴として最も頻度が高く、対処すべき優先度が高いものが『痛み』だと思います。 そこで、私が普段、『痛み』の評価をどんな風に行っているかを、簡単にお伝えします。 また、痛みを抱えている方に向けても、どうい…